服装、装い

鏡を見る女性

女性のファッションの流行は時代の流れと共に目まぐるしく変わってきました。
近代のファッションは西洋の様式を取り入れることが多く、1543年には西洋の洋服が大名に献上されていました。
近代ファッションの成り立ちは西洋ファッションの取り入れから始まりました。
1924年に東京婦人子供服組合が発足し、服装の西洋化が進みました。
1927年には国内初のファッションショーが開催されるといった出来事が起こり、日本の服装西洋化が進みました。
それ以降、時代の流れとともに目まぐるしく服装の流行は変わり、独自の服装が増えていきました。

ファッションとは、服装以外にも普及した生活様式、風潮の事も指します。
服装や化粧、髪型といった見た目に関する装いに主に用いられます。
ファッションを楽しむ女性が多く、服装を自らのセンスでコーディネートしたり、自らの個性の表現の一つとして見る人も存在します。
女性の装いの傾向として、20代が1番華やかで派手な服装を好み、30代に近付くにつれて落ち着いた服装を好む女性が多いです。

ファッションは、服の他にそれに付随するバッグやスカーフ類といった小物、靴、メイクや髪型などの見た目全般に関する事を言います。
それぞれ好みのファッションブランドを持つ女性も多く存在します。
ファッションブランドはヨーロッパで誕生しました。元々ファッションは貴族の持つ概念であり、ファッションにお金を掛ける事は権力の象徴にもなりました。
日本でもブランドの大衆化が始まり、多くのブランドが誕生しました。

30代の女性のファッション傾向としては、カジュアル、クラシカルやモノトーン調といった落ち着きのあるデザインの服が好まれます。
30代という一つの人生の節目として、服装や装いも大きく変わってきました。
近年では、女性も仕事の場で活躍することも増えた為、仕事や日常でも両立できる服装が注目を集めています。
ビジュアル面やデザイン性だけではなく、機能面も求めるといったところも大きな変化の一つです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031